ピックアップ

楽しめる教室

お子さんが楽しみながら学習をすることが出来る幼児教室を探しましょう。楽しんで学習をすることが出来ると、小学校受験をする力をしっかりとつけることが出来ます。ランキングなどを利用すると良いでしょう。

五感を引き出す

積み木などを使用して学習をすることが出来る幼児教室は人気が高いです。お子さんの五感を最大限に引き出して感受性を高めることが出来ます。小学校受験を検討している方は一度体験をしてみると良いでしょう。

説明会への参加

幼児教室とご家庭での指導をすることで、小学校受験の合格率を上げることが出来るでしょう。保護者説明会などに参加をして、専門の講師から指導方法を学び実践をしてみましょう。

五感を引き出す

受験生がよくやりがちなのは、数多くの参考書を購入し数多くの問題を解こうとすることです。
事実、私が大学受験をする際にそうでした。
もちろん様々な問題や出題形式になれるという点においては、効果があります。
しかしそれよりも、一冊の参考書を丁寧に何度も解くことで、完全な理解にしてしまうほうがより点数につながると思います。
間違えた問題には印をつけておき、間違えた問題だけを繰り返し何度も解くのです。
すると、何度も間違える問題だけ印が増え、自分がどの問題に弱いのかを意識することができます。
試験前などには、その苦手な問題だけを復習すれば簡単かつ素早く弱点を補うことができるというわけです。
こうすることで、効率よく苦手な問題を克服できます。
一冊を深く考えることで、実力アップが期待できます。

受験生にとって、日々の勉強や試験などは大きなプレッシャーになります。
しかし、それ以上にプレッシャーになるのは父親や母親からの「頑張れ」や「勉強しているの」といったような言葉であることもあります。
特に「頑張れ」という言葉に関しては、よく言われがちです。
受験生はすでに毎日頑張っています。
その中でさらに「頑張れ」と言われることで、不安に押しつぶされてしまうこともあります。
私が受験生と関わる際には、その日にあった出来事や音楽関係の話など、勉強とかけ離れた話題を用いることが多いです。
そうすることで、普段の勉強とは離れて会話を楽しみ、勉強の合間のリフレッシュにつながります。
自分の子どもの様子は気になりますが、あえてそれをこらえ、楽しめる会話ができると心強いと思います。